社長あいさつPresident

大村印刷株式会社 代表取締役社長 潮 貞男

大村印刷をはじめ印刷業を生業とする企業の多くは、1990年初頭までは「印刷物」の「メディア」としての価値を考える必要はありませんでした。勿論1900年代にはラジオ・テレビも出現しましたが、15世紀半ばのグーテンベルグによる聖書の活版印刷以来、情報を極めて多くの人を対象に均質に安価に送るマスメディアとして印刷物がメディアを寡占してきたと言っても過言ではありません。従って印刷物を考えていればメディアの価値を語れましたし、その付加価値も享受できました。

現在は多様なデジタルメディアの出現、ICTの進展でそう容易くはいきません。メディアとしての印刷物の寡占は許されなくなりました。と同時に広告や宣伝によって販売促進を考えるお客様はどんなメディアを使った方が商品はより売れるのか、また静止した文字や画像でしかみることができない出版物よりは音声や動画があった方が理解しやすいと考える人達にとってみれば、より自分たちの目的に合致したメディアの選択ができる時代となったわけです。

印刷物はメディアの一つにしかすぎない時代となったわけです。まさに紙メディアとしての印刷物をメディアの物差しで測り、その価値が問われる時代であり、更に環境は大きく変わり続けていると捉えなければなりません。そして大事なことは「お客様は何故、印刷物をはじめとするメディアを制作されようとするのか」、まさにビジネスパートナーとしてメディアの向こう側にあるお客様の意図、その達成目的を共有し、お客様が満足を得られるソリューションを提供する事によってしか、ビジネスが成立しないと考えねばなりません。

時代とともに技術が進歩し、企業の、個々人の情報の受け渡し方、受け取り方が変わる、コミュニケーションの仕方が変わる。

しかしながら、大村印刷が実践する使命(ミッション)は変わりません。お客様の真のパートナーとして、印刷物を軸に多様に、また複合的にメディア価値を創造、提供することで、これまで以上にお客様に貢献できる企業であり続ける挑戦をして参ります。